スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-09-25 台風余波

千葉県の未統一国を「大回り」で片付けようと目論んで出かけたが、強風の影響が残ってダイヤ乱れ。
計画を途中で変更したが、結局打ち切って出直すこととした。

やれやれ、南房総を残してしまいました。

386 市原(誉田)
387 九十九里(大網)
388 茂原(本納)

3,983位/593,224人
スポンサーサイト

2010-09-19 渋滞・迂回

382 渥美
蒲郡市・西浦温泉から対岸盗り。
旅館が建ち並ぶ地域は「豊川・蒲郡」(しかもアンテナ3本立ち)だったが、パームビーチを道なりに北東に進んだ野球グランド付近で攻略に成功した。
ここでダメだったら一般道で渥美半島を目指すか、帰りに伊勢湾フェリーを使うか…などと考えていたが、かなりの節約(時間・燃料)が可能になった(と、このときには思っていた)。

音羽蒲郡ICから浜松ICまで東名道に乗る。

383 新城・設楽(新城PA)
384 天竜・二俣(西鹿島駅付近)

諸事情により、ここまで来て「国盗り」だけというわけにもいかず、浜名湖周辺の観光もした。

浜名湖ガーデンパークは2004年に開催された浜名湖花博の跡地の公園。
「入園無料」と引き換えに、手入れ不足による施設の荒廃も進んでいる。

うなぎパイファクトリーは予想外の大人気。工業団地の一角に一般車両が溢れているなんてねぇ。
昨日のカクキュー同様、お土産を戴けるのも嬉しいものだ。

目的を達成し帰路についた…といきたいところだったが、岡崎IC~豊田JCT付近で20Km近い渋滞に嵌った。
東海北陸道でも渋滞との情報が出ていたので、思い切って伊勢湾岸道~東名阪道~新名神道~東名道と大迂回をすることにした。

385 甲賀・信楽(土山SA)
新名神経由の余得である。が、米原JCT手前(彦根トンネル)を先頭にした渋滞に引っかかる羽目に。

◆敦賀の町(敦賀IC付近)
21箇所目の町を解放した。

これまた通行料金が6,950円→1,000円と安上がりで済んだのだが、400Kmの長距離運転は正直しんどかった orz

4,007位/587,180人

2010-09-18 2周年記念日☆

今回は東海北陸道を南下する行程である。
反対車線は随所で渋滞していたが、こちらは幸い順調に進んだ。
暫定2車線やら長大トンネルやら「高速道 標高日本一」やら忙しい。

376 高山・下呂(飛騨白河PA)
377 関・郡上(ひるがの高原SA)

美濃関JCTから東海環状道に入りさらに南下。
こちらも暫定2車線の箇所が多いが、通行量を考えれば妥当なものだろう。
迂回路としても十分に機能しているようだ。

378 多治見・土岐(五斗蒔PA)
379 瀬戸・長久手(せと品野IC)
380 豊田(豊田藤岡IC)

豊田勘八ICで高速道を下りる。
通常ならば6,450円のところ休日特別割引で1,000円というのはありがたい。

381 足助・香嵐渓(豊田市井ノ口)
D社ならば東海環状道からでも取得できるらしいが、さすがにS社では無理だった。
それどころか、初代の時には(おいでんバス)東中金付近で盗れたのに、今回は引き続き『豊田』判定。
東中金より5分ほど香嵐渓寄りの「井ノ口」バス停付近でようやく攻略できた。

その後はトヨタ会館八丁味噌の郷を見学し、蒲郡市・西浦温泉に投宿した。

「国盗り」を始めたのが2年前の今日。
当時は600国統一など全く想像もしていなかったが、何と2周目の6割超にまで達するとはねぇ…。
まぁ、そんな記念日に本州4大難所の掉尾を飾る「足助・香嵐渓」に来たのも何かの縁なのだろう。


4,158位/585,956人

2010-09-04 四国征伐3日目

四国制覇と「龍馬」イベントをこなしに行く。

  • 快速列車(高知830→安芸916)

  • 2連のうち後ろ1両が安芸止まり。座席の背もたれが他の車両よりもかなり高い。

     372 高須・五台山(布師田)
     373 後免(後免)
     374 室戸・安芸(安芸)

    安芸駅前の「ぢばさん市場」で無料の貸自転車を利用させてもらう。
    レジで貸し出し手続きをし、出発。
    野良時計や武家屋敷、安芸市立歴史民俗資料館などを見物してから最終目的地へ向かう。

    ◆岩崎弥太郎生家
    ボランティアのガイドが説明をしてくれる。
    これにて「誕生コース」をクリア。「日本の夜明け編」では通算12跡・3コース達成となった。

    自転車を返却し、一旦高知へと戻る。快速には乗れなかったが、オープンデッキ付き車両に乗れたので良しとしておこう(安芸1248→後免1343 後免1352→高知1409)。

  • 南風18号(高知1413→児島1617)

  • これも2000系3連。半室のグリーン車はほぼ満席だった。

     375 香美(土佐山田)
     これにて四国4県の国盗りを終了した。一部の一般絵巻と「鳴門」城下町が残ってしまったが…。

    瀬戸大橋を渡った児島駅で「バースデイきっぷ」はおしまい。改札を出て、「東京~高松」往復乗車券の復路券で内方乗車する。
    運賃は東京~高松の往復乗車券の方が東京→高松・児島→東京の合計より少しだけお得なのだ。
    児島競艇の開催日だったが、マリンライナー46号で何とか着席することができた(児島1640→岡山1703)。

  • のぞみ50号(岡山1849→東京2213)

  • ◆長浜の町(米原→岐阜羽島)
     米原を過ぎた辺りで連打。苦労して20箇所目の町を解放したが、5人目の武将はまだ出てこなかった。

4,263位/568,823人

2010-09-03 四国征伐2日目

昨日の雪辱を果たすべく、朝食を手早く済ませ松山城へ。
8:30からのリフト稼働開始直後に乗り場に到着し、9:00の開門を待つ。
幸い定刻5分前には入場させていただけた。天守閣を吹き抜ける風は心地よかったが、ここに到達するまでに汗だくとなっており、温泉効果は早くも失われたのだった(苦笑)。

  • 宇和海5号(松山1015→宇和島1130)

  • 2000系気動車は「振り子」機能を駆使して高速で駆け抜ける。
    座席が最前列だったので、デッキを通して迫力ある走行を楽しむことができた。

     362 久米(市坪)
     363 伊予・東温(伊予横田)
     364 八幡浜(内子)
     365 宇和島(宇和島)

  • 予土線(宇和島1132→窪川1351)

  •  366 中村・清水(西ヶ方)
     367 須崎・高岡(十川)
     「しおかぜ」からわずか2分と絶妙の乗り換えだが、その行程を辿ったのはワタクシたち以外に1人だけだった。
     座り心地の良いロングシートに換装されたキハ54の単行。弁当を食べるには些か気恥ずかしいが、短距離利用の地元客以外は「青春18」利用者ばかりと見え、控えめに食事をする。
     土佐大正での大休止も相変わらずで、乗客・乗務員ともしばし車外に出て一休みする。

  • 南風20号(窪川1401→高知1503)

  • 2000系3連。半室グリーンはガラガラだった。

     368 伊野・仁淀(波川)
     369 朝倉・長浜(枝川→朝倉)
     ◆浦戸の町(朝倉駅)
     370 旭・一宮(高知商業前)

    ここからは「龍馬 誕生」コースの制覇を目指す。
    ◆JR高知駅
     改札内外のわかりやすいところにQRコードあり。

    ◆高知・龍馬ろまん社中
     高知駅南口駅前の特設会場。南側の出口付近に(ry
     いやいや、桂浜制覇後に500円を投じて見学しましたゾ。

    宿に荷物を置いて軽装になり、次の目的地を目指す。

     371 高知(高知橋)

    ◆松山城(県立文学館)
     松山城自体は数年前に見学したので見送り。今回の狙いは県立文学館である。
     入口正面にQRコードが設置してあって入館料を(ry
     いやいや、ミュージアムショップで特別展関連のお土産を購入しましたゾ。

    ひろめ市場から帯屋町筋を経てはりまや橋まで歩く。
    のんびりしていたので目の前で桂浜行きのバスを逃してしまう。
    しかし、桂浜自体も既に行ったことがある場所なので、目的達成に気持ちを切り替える。

    ◆桂浜
    「南はりまや橋」バス停から仁野(長浜方面)行きの高知県交通バスに乗車。
     桟橋通のトンネルを過ぎ、灘バス停から西灘バス停の間で取得成功、ただちに降車する。
     運賃は330円だった。
     逆方向のバスは10分ほどの待ち時間。こちらは高知駅経由で高知営業所まで行く路線だったので、乗り換えの手間が省けた。高知駅まで400円だった。

    桂浜を往復するより短時間で終わったので、折角だからと「土佐龍馬であい博」を見物した。
    その後は「座屋(いざりや)」という居酒屋風の店で鰹のタタキを食す。藁焼き・塩たたきで美味でした。

松山から高知までは初代と同じ行程だった。
ある意味『予定調和』で面白みに欠けると言えなくもないが、前回は見落としていたことの発見や「絵巻」イベント、電波状況の違いもあって、回る当人としては十分に楽しめた。

4,410位/567,584人

2010-09-02 四国征伐1日目

遅めの夏休みを利用して四国征伐に出陣である。
道すがらも国盗りをするために(今では貴重になった)夜行列車で出発した。

  • サンライズ出雲(東京2200→高松727)

  • 「シングル」2階を確保。
    「ソロ」よりも若干広く、コンセントがあるのも夜襲には最適である。
    横浜からの乗客で満室になったようだ。
    浜松を出発すると時刻表上では姫路まで無停車だが、実際には3駅で運転停車がある。
    名古屋での運転停車(2:20~2:22頃)が起床の目安だったが、その前にも地域限定アイテムの購入、ツレの「オロチ退治」があって気が抜けない。
    ベッドに横たわりブラインドを開け放って空を見上げると、満天の星が輝いていた。

     339 岐阜(岐阜)
     ◆岐阜の町(岐阜)
     2:40頃。

     340 本巣・山県(穂積)
     2:45頃。まぁ盗りこぼししても、帰省の際に「しらさぎ」を使えばいいのだけれど…。

    米原(3:18)、大阪(4:28)と各2分ほどの運転停車。

     ◆姫路の町(姫路)
     15箇所目の町を解放。本多忠勝を倒し、4つめの勾玉を手に入れた。

    岡山で「サンライズ出雲」を残し、こちらは先発する。

     341 玉野・灘崎(妹尾)
     ◆倉敷の町(早島→久々原)
     このあたりは倉敷市内のようだ。

     342 児島(児島)
     343 坂出・丸亀(坂出)
     「丸亀の町」が出てきたようだが、モタモタしているうちに次の国に移動していた。 

     344 国分寺(国分)
     345 高松(高松)

    高松駅で「バースデイきっぷ」と3日分の指定席券を確保。
    予定どおり入手できたのは喜ばしいが、それだけ空席が多い、ということでもある。
    駅構内の「うどん」を食べるのは当然のお約束。

  • うずしお3号(高松823→徳島935)

  • 「うずしお4号」は5連でも高松への通勤客で混雑していたが、その折り返しであるこちらはガラガラ。
    1両のうち4列ほどが指定席(この形態は他の特急でも多かった)だが、利用客は少なかった。
     
     346 屋島(屋島)
     347 志度・小豆島(志度)
     348 鳴門(阿波大宮)
     「鳴門の町」が盗れない。池谷駅付近は鳴門市域なのに…。
     349 徳島(徳島)

  • むろと1号(徳島951→阿南1016)

  • 185系(まだ健在だったのか!)2連。4列が指定席だが、こちらもガラガラだった。
    地蔵橋付近で「くーまん」ポイントを確認。

     350 小松島(小松島)
     二代目も350国到達。初代と同様に称号選択の画面が出てきて一瞬驚いたが、600国到達時の付与称号過程を考えれば当然のことだった。
     
     351 阿南(阿南)

    駅近くのスーパーで食料品を確保し、徳島へ折り返す。
    1200系単行の普通列車(阿南1054→徳島1134)で、短距離での乗客の入れ替わりが結構あった。
    転換クロスシートの座り心地は上々で、特急型である185系にひけをとらない。
    冷房の効きすぎには閉口したが…。

  • 剣山5号(徳島1201→阿波池田1315)

  • これも185系2連。指定席の設定や乗車率も同様である。

     352 阿波・吉野川(鴨島)
     353 美馬(穴吹)
     初代の時に穴吹駅付近を散策した日が思い出される。

     354 三好(江口)

  • 南風14号(阿波池田1322→宇多津1404)
    2000系3連。指定席は1両で、7割ほど埋まっていた。
     ◆こんぴら温泉(琴平)
     ◆丸亀の町(宇多津)

  • しおかぜ13号(宇多津1414→松山1616)

  • 8000系電車5連。当駅で高松からの「いしづち」3連と併結して堂々たる編成となる。
    半室グリーンはまずまずの乗車率だった。

     355 観音寺(観音寺)
     356 三島(川之江)
     357 西条・新居浜(新居浜)
     358 今治(今治)
     ◆今治の町(今治)
     大西辺りから瀬戸内海に面した景色の良いところを走行する。
     対岸の「柳井」が盗れないかと連打するも、やはり空振りに終わった。

     359 北条(伊予北条)
     360 和気(堀江)
     361 松山・道後(松山)
     ◆道後温泉
     「松山・道後」と同時取得。絵巻も出てきて忙しい。

     松山城の見学を目指してタクシーを飛ばすも札止め1分後で残念。
     今宵の宿から道後温泉本館へは坂道があったが、温泉効果で肌はすべすべになりました(^-^)

4,912位/566,705人
プロフィール

すいすい

Author:すいすい
ビールとライブと鉄道旅行を愛する小市民の『ケータイ国盗り合戦』オモイデ帳。

※取得状況や記載内容は全てワタクシの個人的記録・感想です。
 その当日の特殊状況の影響もあるかもしれませんのでご承知おきください。

最新記事
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。