スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-09-03 四国征伐2日目

昨日の雪辱を果たすべく、朝食を手早く済ませ松山城へ。
8:30からのリフト稼働開始直後に乗り場に到着し、9:00の開門を待つ。
幸い定刻5分前には入場させていただけた。天守閣を吹き抜ける風は心地よかったが、ここに到達するまでに汗だくとなっており、温泉効果は早くも失われたのだった(苦笑)。

  • 宇和海5号(松山1015→宇和島1130)

  • 2000系気動車は「振り子」機能を駆使して高速で駆け抜ける。
    座席が最前列だったので、デッキを通して迫力ある走行を楽しむことができた。

     362 久米(市坪)
     363 伊予・東温(伊予横田)
     364 八幡浜(内子)
     365 宇和島(宇和島)

  • 予土線(宇和島1132→窪川1351)

  •  366 中村・清水(西ヶ方)
     367 須崎・高岡(十川)
     「しおかぜ」からわずか2分と絶妙の乗り換えだが、その行程を辿ったのはワタクシたち以外に1人だけだった。
     座り心地の良いロングシートに換装されたキハ54の単行。弁当を食べるには些か気恥ずかしいが、短距離利用の地元客以外は「青春18」利用者ばかりと見え、控えめに食事をする。
     土佐大正での大休止も相変わらずで、乗客・乗務員ともしばし車外に出て一休みする。

  • 南風20号(窪川1401→高知1503)

  • 2000系3連。半室グリーンはガラガラだった。

     368 伊野・仁淀(波川)
     369 朝倉・長浜(枝川→朝倉)
     ◆浦戸の町(朝倉駅)
     370 旭・一宮(高知商業前)

    ここからは「龍馬 誕生」コースの制覇を目指す。
    ◆JR高知駅
     改札内外のわかりやすいところにQRコードあり。

    ◆高知・龍馬ろまん社中
     高知駅南口駅前の特設会場。南側の出口付近に(ry
     いやいや、桂浜制覇後に500円を投じて見学しましたゾ。

    宿に荷物を置いて軽装になり、次の目的地を目指す。

     371 高知(高知橋)

    ◆松山城(県立文学館)
     松山城自体は数年前に見学したので見送り。今回の狙いは県立文学館である。
     入口正面にQRコードが設置してあって入館料を(ry
     いやいや、ミュージアムショップで特別展関連のお土産を購入しましたゾ。

    ひろめ市場から帯屋町筋を経てはりまや橋まで歩く。
    のんびりしていたので目の前で桂浜行きのバスを逃してしまう。
    しかし、桂浜自体も既に行ったことがある場所なので、目的達成に気持ちを切り替える。

    ◆桂浜
    「南はりまや橋」バス停から仁野(長浜方面)行きの高知県交通バスに乗車。
     桟橋通のトンネルを過ぎ、灘バス停から西灘バス停の間で取得成功、ただちに降車する。
     運賃は330円だった。
     逆方向のバスは10分ほどの待ち時間。こちらは高知駅経由で高知営業所まで行く路線だったので、乗り換えの手間が省けた。高知駅まで400円だった。

    桂浜を往復するより短時間で終わったので、折角だからと「土佐龍馬であい博」を見物した。
    その後は「座屋(いざりや)」という居酒屋風の店で鰹のタタキを食す。藁焼き・塩たたきで美味でした。

松山から高知までは初代と同じ行程だった。
ある意味『予定調和』で面白みに欠けると言えなくもないが、前回は見落としていたことの発見や「絵巻」イベント、電波状況の違いもあって、回る当人としては十分に楽しめた。

4,410位/567,584人
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すいすい

Author:すいすい
ビールとライブと鉄道旅行を愛する小市民の『ケータイ国盗り合戦』オモイデ帳。

※取得状況や記載内容は全てワタクシの個人的記録・感想です。
 その当日の特殊状況の影響もあるかもしれませんのでご承知おきください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。